Home地震 ≫ 震災の被害を予防する感電装置とは?

震災の被害を予防する感電装置とは?


地震で停電したとき、一番危険なのは電気が復旧してからということをご存知でしょうか。もしも、ストーブが倒れている状態で電気が復旧してしまうと火災の原因となってしまいます。これを防ぐために重要となるのが「感震ブレーカー」というものを取り付けることです。これを付けると、付属している加速度センサーが地震を感知して自動的にブレーカーを落とす仕組みになっています。これさえあれば、地震の後の火災に怯える必要はありません。

ネオ・コーポレーション

Share this page

Copyright(c)退職した団塊世代向け習い事比較,All Rights Reserved.