Homeボイストレーニング ≫ 高音でも楽な声の出し方は

高音でも楽な声の出し方は


高音をきれいに出せると、歌い終わったときに相手に与える印象はかなり異なります。でも高音部分が近づくと緊張して声が裏返るのはよくあることです。どうすれば楽に発生できるでしょうか。簡単な方法は高音部分になったなら、手をそれにあわせて振り上げることです。有名歌手の多くが行っているのでみたことがあるかもしれません。振付のように見えますが、実は手を振り上げることで高い音への移行が用意になります。イメージで誘導しているということです。自宅で行う場合はテーブルの端をつかみます。音が高くなったならテーブルをひっくり返すイメージで手に力を入れます。力は上に向けるイメージです。横浜ボーカル教室では不得手な分野を改善するサポートをしてくれます。
横浜のボイトレ教室はここ

Share this page

Copyright(c)退職した団塊世代向け習い事比較,All Rights Reserved.